丹波現状②


「旅する大地」が提供する、森とまちをつなぐ培養土“森育ち”。
その生産予定地の一つだった丹波市前山町の五台山は、今年の夏の集中豪雨によって土砂災害が発生し、立ち入ることができなくなってしまいました。
「旅する大地」では、地元住民の方々を中心に復興に取り組まれている模様をお伝えしていこうと思っています。
これを機に、少しでも多くの人が山の現状に関心を持っていただけれることを願って。

レポートは、五台山で住民参加型の森林整備に取り組まれている、中島彩さんのブログから抜粋しています。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

ん・・・明るいぞ。朝!?
色々あった一週間。
ヨタヨタ帰宅しベットに倒れ込んだのまでは覚えている。
しかしチェーンソーパンツのまんま朝、はないなぁ・・・(苦笑)
今日はどこへも行きたくない・・・誰とも会いたくない・・・
そんな『ミノムシ』気分でした。
ん・・・まてよ。今日は『前山復興祈念祭』だっ!!
飛び起きる。

10時スタート。いいお天気。
懐かしい顔を探す。会いたい人が沢山。山メンバーに会いたい。
『おぉ!こっちやこっち!』
いた、いた。仲良しコンビ。大きく手を振り駆け寄る。
『・・・あっ、この机!!』
と、能口さん。え・・・
『あぁ〜!活動で出したヒノキで作った机だぁ。出来たんだ!!
トシヒコさんっ、これ皆でロープウィンチ使って出したヒノキですよ!』
なんやと!と、一同大興奮。
『頑張って組み立てたんやから〜。』
そんな私達に近寄り、ドヤ顔のコミセン津田さん(笑)
今日、この日にお披露目なんて。素敵すぎる。
さっそく周りの方に自慢するヨシヒコさん。
『あ、市長!見て下さい。この机前山の木でっせ。
 災害で出てきた木から作ったんですよ。』
『・・・災害前っ!!(苦笑)』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お揃いのイスは喫茶室にあるとの事で、会いに。
う〜ん、可愛い。
立ったり、座ったり、色んな角度から眺めウハウハの私。
座り心地や安定性を冷静にチェックする能口さん・・・
『せっかくだし地元材製品と分かるように刻印作りましょうか。』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

再び広場へ。
『お〜!!』『あ〜!!』の連続。
『今どこで何しとるんやぁ?』
『前山にいますよぉ。災害で倒れた人家裏の木を搬出してます。』
『そうか、前山におったか。ならえぇ。
姿みーへんし、もうほられた(捨てられた)かと思たわ。』
いやいやいや(苦笑)
『せっかく、これから・・・やったのになぁ。』
ふと、寂しそうな顔を見せるショウタロウさん。
『確かに、事業地は壊滅状態・・・
 ケド活動が終わった訳ではないですよ。12月から再開しませんか?』
『山へ行くまでの道すら無いやないか・・・。何が出来るんや?』
『道は無いですけど、山際通って川渡って事業地まで行けます。
 まず現状を見に行きませんか。
 その後どうして行くのか、又皆で話ししましょうよ。』
『そぉか〜。』
と、にっこり。
確かに皆大変や、でも山も気になっとるんや・・・言葉にジンときます。
『あんた・・・しっかり頼むで。』
今、ワタシが身を置く環境を重々ご存知のマサヒロさん。
はい、任せて下さい!って言葉を堂々と返せないのが情けない。
あーだ、こーだ、本気言い合って笑い合って励ましあって。
だからなかなか進まない。
だからなかなかややこしー(苦笑)
だけど皆の想いは一つ。

 『その前へ』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA